標準的熱処理のまとめ

 今まで、熱処理の4つの方法についてみてきました。ここで簡単にまとめてみます。
  

<焼き入れ(やきいれ)Quench for hardening>
①鋼材をオーステナイト結晶化する温度まで加熱し、その後、水、空気、油などで急冷してマルテンサイト結晶化させる熱処理法。
②ひずんだ状態の結晶構造を持つ。
③鋼材に硬さをもたらし、強度や耐摩耗性を向上させる。

<焼きもどし(やきもどし)tempering>
①焼き入れ後すぐに再加熱を行い、鋼材を落ち着かせる熱処理法。
②焼き入れ時に発生した残留オーステナイト結晶の組織を消失させてひずみを除去する。
③鋼材のもろさを改善して硬さを調節し、鋼材に粘り強さをもたらす。

<焼きなまし(やきなまし) annealing>
①加熱した鋼材を炉の中でゆっくりと冷やす熱処理法。加熱温度は目的によって異なる。
②鋼材に粒の大きい結晶を作り出し、結晶構造を整える。鋼材内部の残留応力を取り除く。
③鋼材を軟らかくし、切削性を向上させる。

<焼きならし(やきならし) normalizing>
①鋼材をオーステナイト結晶化する温度まで加熱し、その後、空気中で冷やす熱処理法。
②鋼材に粒の小さい結晶を作り出し、結晶構造を整える。鋼材内部の残留応力を取り除く。
③鋼材にある程度の柔らかさと粘り気の両方を与える。

お時間がございましたら、弊社のホームページもご覧ください。
http://sodaseisakusyo.co.jp/