熱処理について参考にした本をご紹介します

 今回の熱処理ブログを書くにあたって、参考にした文献をご紹介します。

1.元素から見た鉄鋼材料と切削の基本知識 「材料と加工の世界」がつながる!
  出版社: 日刊工業新聞社 (2012/10/29)
  発売: 2012年
  著者: 横山明宜

 初心者でもサラサラと理解できる大変分かりやすい本です。元素や結晶の基礎から鋼鉄材料の性質や切削加工について深めていきます。「元素から見た」点が、他の本と異なります。
 オールカラーで図や絵も多く、初めて熱処理について学びたい方にオススメの本です。予備知識がなくても読み続けることができます。
 熱処理系技術者に、実際の知識として学ぶ本としてもピッタリだと思います。

2.金型の品質向上のための材料選択と事例 – 金型への有効な利用法のための選択方法と諸現象
  出版社: 日本工業出版
  発売: 2014年
  著者: 日原政彦

 こちらは、入門書ですが既に予備知識がある方向けです。鉄鋼材料・金型材料の基礎知識や特性を説明した後、熱処理の具体的説明、問題点、トラブル対策等について説明をしています。
 しっかりとしたデータに基づいて解説されており、技術者が知識を深めるためにはとても適した本です。

お時間がございましたら、弊社のホームページもご覧ください。
http://sodaseisakusyo.co.jp/